パソコン・モバイル豆知識 | カスタムPCライフ-自分だけのオリジナルパソコンを持とう-

カスタムPCライフ-自分だけのオリジナルパソコンを持とう-

自分だけのオリジナルパソコンを持とう

Since2012.12.3

パソコン・モバイル豆知識

DELLのメンテナンスマニュアルはすごい

外資系のパソコンとして、いつの間にか日本でのパソコンシェアで頭角を現してからも格安パソコンの代名詞とも言えるDELLですが、私は、DELLと言うメーカーが日本に根付いたのは価格的な問題もさることながら、アフターにおいて日本のメーカーがしない対応をしてるからだと思います。

ノートパソコンのファンを掃除しようとするとき、裏にファン部分が取り外せるカバーがあるモデルであれば、簡単にあけて掃除をすることが可能ですが、マザーボードからバラさないといけない機種の場合、固定してあるネジの位置や各パーツへの配線などの問題もあり、自分で分解するのはかなりの猛者でない限り無理です。

しかし、DELLでは、分解用のマニュアルがPDFファイルで公開されており、インターネットで検索すると日本語版が入手が可能な場合があります。

(さらに…)

ノートパソコンが熱暴走しだしたら

私が仕事で使っているノートパソコンは、元々顧客からの下取り品NEC Lavie LL550/Kを改修した物で、メモリーをMAXの4GBへ増設とキーボード交換をして、WindowsVistaからWindows7へとバージョンアップさせたものを使っています。

しかし、最近調子が悪く、処理速度が低下してたのとレスポンスが異常に悪く、本体がかなり熱くなっていたのて゛原因の大半は、CPUの熱暴走が原因だろうと思っていました。

ひとまず、高温になっているファンのあたりのゴミをとってみたら少しはマシになるかと思い、分解掃除を試してみました。他のノートパソコンでも似たような構造のはずですので参考になればと思い、分解掃除の手順を残しておきます。

(さらに…)

無線ルーターの怖い話②

前回に続き、無線LANの事例で2件目は、逆に無防備な非暗号の電波を拾ってたという話で、バッファロー無線対応プリンターで印刷出来ないという依頼だったのですが、むしろパソコンと無線ルーターがうまく通信出来ていない状態でした。

しかし、インターネットは普通に使える状態という不思議な状態だったのですが、無線の受信一覧を見てびっくりしました。おそらくはアパートの隣室住人だと思うのですが、暗号キーのない無線を飛ばしており、パソコンが接続していたのは、自分の家のルーターではなくよそのルーターだったのです。

本来なら、インターネットが出来ないという不具合での依頼だったはずが、よそのルーターでネット接続していたため、プリンターの不具合と言うことになっていました。

(さらに…)

無線ルーターの怖い話①

先日、パソコンの設定トラブルで訪問したお客様のところで実際にあった話ですが、無線ルーターを使ってるお客様で、セキュリティ上危険な事が起こりました。

パソコンを新規購入されて納品に言った時の話です。

今回のお客様は、パソコンの買い換えで、既存の無線環境に新しいパソコンを無線接続するというものでしたが、通常ですとルーターの電波を拾って、接続を押すとセキュリティーキーの入力を求められるのですが、そのまま接続完了してキーの認証を受けずに繋がりました。

つまり、誰でも接続出来る状態で電波が飛んでおり、不正アクセスを防ぐため、ルーターの内部設定を暗号設定から全部やり直したわけですが、古いルーターは、暗号設定がオプションで各自が設定する仕様だったのを思い出しました。

(さらに…)

無線ルーターが急に繋がらなくなる

LANの無線技術は、ここ10年の間に飛躍的な技術発展を遂げ、通信速度は一般的に製品が出回りだした当初の11Mbpsから、54Mbpsを経て現在では、最大600Mbpsにもなる高速通信が可能になっています。

ノートパソコンやタブレット、スマートフォンには当たり前のように無線LANの子機が内蔵され、インターネットはWi-Fi環境でやるというのが標準化してしまってるのかもしれません。

ところが、パソコンを無線LANで繋いでいると、ごくまれに繋がらないというトラブルになる事があります。私のお客さんからもたまにインターネットが繋がらなくなったという依頼で行くと無線LANの不具合がトラブルの過半数と言っても過言ではありません。

(さらに…)

染料インクと顔料インク

現在、市販されているパソコン用のインクジェットプリンターには、染料インクと顔料インクの2種類が存在しますが、現在のようなカラーのインクジェットプリンターが登場した時から採用されていた染料インクに比べ、顔料インク搭載機の歴史はまだ10年ほどです。

エプソンから発表された、ハイエンドなプレステージモデルのプリンターPM-4000PXに顔料インクが搭載され、2種類の黒を交換することで、多用途に応じたインクチェンジシステムを実現したモデルでした。

初代顔料インク搭載機PM-4000PX

※顔料インクを初めて搭載してエプソンのフラッグシップモデルとして登場したPM-4000PX

(さらに…)