パソコンパーツ | カスタムPCライフ-自分だけのオリジナルパソコンを持とう-

カスタムPCライフ-自分だけのオリジナルパソコンを持とう-

自分だけのオリジナルパソコンを持とう

Since2012.12.3

パソコンパーツ

内蔵SSD 480GB 変換キット ロジテック LMD-SS480KU3

Windows7が2020年1月14日でサポート終了することにあたり、Windows10への移行を考えている方も多いと思います。だけど自宅のパソコン、ちょっと処理は重たいけど、まだ壊れてないし勿体ないと思ってる方も多いのではないでしょうか?

Windows7の時代、SSDはまだ高価なパーツで容量も小さく、ハイエンドモデルの一部に搭載されてる程度の普及率でしたが、2019年現在では、SSDの大容量でも手の届く価格帯で多くの製品が登場しています。

(さらに…)

ドスパラで提供されいているグラフィックスカード比較の情報

ドラゴンクエスト10のウインドウズ版が正式にリリースされるにあたり、すでに先行してベータテスト版や先行お試し版でプレイしてきた方も多いと思いますが、製品版でプレーする前にお試し版でまずは、自分のパソコン環境で正常に動作するのか確認する方が良いと思います。

一応、公式サイトではビデオメモリが最低256MBから動くようになってはいますが、安定する動作を期待するには、ビデオメモリがせめて1GBは欲しいところですし、メーカー製の格安パソコンではぶっちゃけた話、そこまで期待する方がおかしいのかもしれませんね。

近年では、メーカー製のパソコンにもちゃんとしたグラフィックボードが導入されて、メモリも1GB以上の高性能なものまで確認されていますが、反面、安価なパソコンはお粗末なグラフィック機能しか無く、マザーボード付属のビデオカードで対応してるケースも多いです。

(さらに…)

インテルのベアボーンDC3217IYE BOXDC3217IYE

CPUでおなじみのインテルから、i3のCPUをセットしてあるベアボーンがあるので、ご紹介しています。

パソコンの自作でも安価に余剰パーツで作ったりするなら、ベアボーンも視野に入れたりしますが、最近では、自作パーツとは違って小さいサイズのベアボーンキットが主力商品として展開してたりします。

わずか10cmの正方形でコンパクトなパソコンを必要なら、このベアボーンが最適化と思います。

さすがは、CPUの第一人者インテルだけあって、このサイズでCPUはCore i3-3217Uを搭載し、低価格ならが、そこそこのスペックを持っています。

省エネタイプの65W電源を搭載して、メモリーの搭載も最大16GBと実用レベルですし、場所をとらないビジネス向けとしても十分に使えるレベルですね。

光学ドライブは外付けになりますが、家族用とか簡単なビジネス用途でも力を発揮してくれる製品では無いかと思います。

オンライン購入情報

iconicon

購入先|PCDEPOT WEB本店:商品名|インテルベアボーンDC3217IYE BOXDC3217IYEicon