Windowsの話 | カスタムPCライフ-自分だけのオリジナルパソコンを持とう-

カスタムPCライフ-自分だけのオリジナルパソコンを持とう-

自分だけのオリジナルパソコンを持とう

Since2012.12.3

Windowsの話

HPのWindows8ライセンスモデルにはプロダクトキーが無かった…

私がこのカスタムPCライフを立ち上げた頃に購入したヒューレットパッカード社のPavilion-n-200の底面には、プロダクトキーのシールがありません。以前からちょっと気にはなってたのですが、実用上の障害があるわけではないので、すっかり調べるのすら忘れてました。

使用しているパソコンにインストールされてるWindowsが、正規ランセンス商品である事を証明するのがプロダクトキーシールです。ノートパソコンの場合、底面に貼られていることがほとんどなのですが、ヒューレット・パッカードのWindows8商品にはそれが無いのです。

(さらに…)

IEの更新情報を見て

ゴールデンウィークに発覚したMicrosoft社のインターネット閲覧ソフトインターネットエクスプローラーの不具合に関して、かなり旧型から引きずっていたセキュリティホールで大騒ぎとなってました。

私も世間のNewSを見ていたのですが、Microsoftが対応する更新プログラムの配布を開始したので、すぐさま手動でバージョンアップしました。

しかし、今回のトラブル騒ぎで何点か気になったことがあったので、防備録としてここに記載しておきます。

(さらに…)

Windows8.1への更新作業

Windows8.1が正式にリリースされたので、早速、我が家のWindows8も更新をすることにして、実際にどういうものか使ってみることにしました。

今回のバージョンアップは、自作パソコンでの対応ですが、メーカー製パソコンで更新をする場合、単にアップデートするだけでなく、メーカーの公式サイトでアップグレード対象のパソコンの場合、Windows8.1用の更新データをメーカーの方で用意してるケースが多いので、更新する前にメーカーサイトで手順を踏まえ、各種ドライバなどの更新プログラムを取り込んでおかないと正常に動作しない恐れもあります。

今回のバージョンアップは、従来のサービスパックに準じる無償提供での更新ですが、パソコンを発売しているメーカー扱いは、新OSに準じているので、チェックしてから更新をした方が、安定したパソコンの動作が期待出来ます。

(さらに…)

富士通が今月末よりWindows8.1搭載パソコンの受注を開始

富士通からのニュースレターで、今月末よりWindows8.1の受注を開始するという発表がありましたがいよいよ年末に向けてWindows8のマイナーチェンジ版であるWindows8.1を搭載したパソコンが市場に出始めるようです。

しかし、ふと疑問に思うのは今回のバージョンアップが8.0から8.1へのマイナーバージョンである事ですが、旧来のWindowsなら、サービスパック1となるのでは無いかと言うことです。

今回のWindows8.1は、確かにサービスパックのようなファイルの修正をセットにしたようなものとは違い、一部のインターフェイスは、刷新されてマイナーチェンジながらも新しい機能としてディスクトップ画面の左下にタイル画面への切り替えが出来るボタンが付きました。

(さらに…)

WindowsXPでドラクエ10をやろうと思ってたユーザーがかなり多い

Windows版のドラゴンクエスト10発売まで、あと2週間を切ったのですが、ここに来てWindowsXPでドラゴンクエスト10をプレーしようと考えているユーザーが多いのか、「ドラゴンクエスト10Windows版はXP非対応」という記事のアクセス数がかなり増えてます。

従来からネットワーク型のオンラインゲームを楽しんでいるユーザーならば、ドラクエ10をプレイするのに十分なパソコンのスペックを持ってる人がほとんどでしょう。

しかし、今回のソフトは通常のオンラインゲームではなく、パソコンのオンラインゲームとは無縁でも、多くの人が手持ちのメジャーなゲーム機で楽しんだことがある人気のドラゴンクエストのシリーズです。

(さらに…)

プレビュー版に見るWindows8.1

リリースからもうすぐ1年になろうとしているWindows8ですが、年末までに改良版のWindows8.1がリリースされますが、Windows8ユーザーには、無償で更新が出来るようになっているので、事実上のサービスパック扱いになるみたいですね。

実際にうちのディスクトップメイン端末はWindows8を使っており、操作にも慣れてきたので電源投入後の起動も速いWindows8は、性能的に問題ない仕上がりになってると思います。

操作面で従来バージョンのWindowsでおなじみのスタートボタンが利用出来ないのがかなりのネックで評判が悪いのですが、サードパーティから、後付けでスタートボタンを配置出来るソフトをインストールして使ってるので、現在では、従来のWindowsと同じ感覚で利用出来るようにしてから、問題なく使っています。

今回、Windows8.1でディスクトップの左下にスタートボタンが復活するらしいと言う噂は聞いてたのですが、実際の内容は、従来のスタートボタンでは無かったのです。

(さらに…)

サポート終了後のXPは、セキュリティリスクが56倍

パソコンメーカーの日本HPオンラインストアiconから来たメールでは、WindowsXPをサポート終了後に使った場合、最新版のWindows8に比べ、56倍のセキュリティリスクになるという見解をメールで送っています。

確かに私がWindowsXPの端末をターゲットにして攻撃をするなら、今ではなく、サポート期限が切れてマイクロソフトが修正データを提供しなくなった時点で攻撃を仕掛けると思いますし、一般家庭だけでなく中小企業などでは、まだまだ現役で使われているWindowsXPの残存数を考えると、かなりの被害になる可能性も含んでいるのですからね。

確かに低スペックのパソコンでも動作し、現行の様々なアプリケーションにもまだまだ対応可能なWindowsXPは、引退させるには惜しいOSですが、新しい技術に対応できなくなってきているのも事実です。

(さらに…)