REVO CENTER RC111 N12F | カスタムPCライフ-自分だけのオリジナルパソコンを持とう-

カスタムPCライフ-自分だけのオリジナルパソコンを持とう-

自分だけのオリジナルパソコンを持とう

Since2012.12.3

REVO CENTER RC111 N12F

REVO CENTER RC111 N12F

REVO CENTER

我が家も以前から検討していたWindows Home Server2011を導入し、安くファイルサーバーを構築しようと思って前からチェックしていたREVO CENTER RC111 N12Fを購入しました。

外観は、ネットワーク型の外付けハードディスクという感じですが、キューブ型の小さな固体にSATAのハードディスクを4台収容出来ます。

購入した時点では、Windows Home Server2011をインストールしているCドライブとデータ保管用のDドライブを持った1TBのハードディスクが入っており、3台分のHDDベイが空きになっています。

早速手持ちの1TBのHDDをバックアップ用として、別に2台500GBと250GBをデータ用として構築しています。

端末として使っているのは、WindowsXP以降なら良いようですが、Windows7とほぼ同様の仕様になっているので、一番簡単にネットワーク構築ができます。逆にXPの場合、普通に認識しない場合が多く、いろいろと設定をいじる必要もあるようです。

無線ルーターに有線LANで接続して、ルーターに繋がっている他のパソコンを見ると、REVO CENTERがその他デバイスで認識されているので、クリックするとパソコン側にコントロール用のアプリケーションがインストールされます。

初期にパスワードや接続ユーザーの設定をする必要がありますが、簡単な操作ですぐにファイルサーバーとして機能し始めます。

ホームサーバーはRAIDの構造ではありませんが、4基あるハードディスクのうち、データ量に応じてバックアップ用のハードディスクを用意すれば、サーバーの設定で1日に数回(デフォルトは2回)のバックアップが可能ですし、最大容量が2TB×4なので、ある程度の動画や音楽データも余裕でバックアップ出来るのでは無いでしょうか。

内蔵のメモリは、2GBですが、増設して最大4GBまでに出来るので、快適に使うために増設する方が良いかもしれません。

ここがお勧め

ファイルサーバーとしてネットワーク化し、複数のパソコンからデータを共有するのにとても役立つ商品です。お勧めは外部アクセス機能で、外出先からリモートでファイルサーバーにアクセスし、データの出し入れが出来るのは、仕事で使う時も十分役立つので、ホームサーバーと言うよりもSOHOや個人企業にも導入して欲しい1台です。

只、残念ながら、Windowsサーバーは、ホームサーバーを止めて上位のサーバーと統廃合してしまったので、これだけ安価にシステム構築する最後のチャンスだと言うことですね。

楽天市場でREVO CENTER RC111 N12Fを探す。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

»