シニア世代 | カスタムPCライフ

カスタムPCライフ

自分だけのオリジナルパソコンを持とう

Since2012.12.3

シニア世代

Amazonギフトカードに新たな動きが…

Amazonギフトカードをご存じでしょうか?コンビニで売っていて購入した金額分をAmazonのお買い物代金に使える便利なカードですが、今まではアップルやGoogleplayストアのカードなどと同様の形態で販売されてたのですが、コンビニでも従来のAmazonギフト券(商品券タイプ) – ブルー(金額自由設定)のものまで一緒に並んでいました。

コロナ渦で通販利用が拡大傾向にある事から、シニア世代などにわかりにくいカード形式では無く、従来からの商品券タイイプで利用するハードルを下げているようです。

続きを読む…

シニアのパソコン3ー自分に出来る事を理解する

パソコンの敷居を高くしている事に専門用語と操作の複雑さがあります。項目が多すぎて単純な操作なのにとっつきにくい為、難しいと感じてしまうのかもしれません。パソコンの操作は大きく分けて2つあります。根幹となるWindows自体の操作と使用するアプリケーションソフトの操作です。

実際にシニア層でお仕事を依頼されるお客様がおっしゃってたのは、「限られた時間でパソコンを使うなら自分のやりたいことだけに時間を費やしたい。調子が悪くなった時のメンテナンスやパソコン関係のセッティングで時間を取られたく無いし余分な事を覚える気にもならない。だからお金を使って人任せにしても自分はやりたいことだけをする」と言うものでした。

続きを読む…

シニア世代のパソコン2ー自分にあったパソコンの選び方

まずパソコンを買う時に、私は出来るだけ専門知識を持ってる人に聞ける環境で買う方が良いとお客さんに助言しています。家電店はパソコンを買うのに私はお勧めしてません。何故なら「どのパソコンがお勧めですか?」と質問してもユーザーが本来必要とする商品構成のパソコンでは無く、店が売りたいパソコンを勧めてくるからです。

実際に私が直面した「○○電機のお店系」家電店の下請け時代、非常に嫌な思いをしたことがあります。お客さんに不本意なパソコンを納品して使い方指導をしたことがあるのです。

続きを読む…

身近で起きたネット詐欺のまとめ

インターネットはスマートフォンの普及により、パソコンが無くても大勢の人に利用されるようになり日々進化していますが、残念なことにネットを利用した詐欺行為もまた手を変え品を変え、知識の無い初心者やシニア世代などをターゲットにして横行しているのです。

CASE1Microsoftの偽装ページ

パソコンのサポートをしている年配の顧客からの問合せで訪問してみると上記のページがパソコンに表示されており、警告と電話を促すアナウンス音声まで流れてました。どうやら、どこかのブログを見ていてサイドバーに表示された広告が紛らわしいWindowsのシステム警告のようなものだったらしく重大なエラーかもしれないと焦って電話したらしいのですが、応対した相手が片言日本語の外国人のようだった為、念のため私に連絡して発覚となりました。

Microsoftのページを装う詐欺

実際、訪問してみて画面を見るとまずアドレス確認したらもろに詐欺サイトと言わんばかりのアドレスで、サイトアドレスにMicrosoftの文字列が全くありませんでしたw

それだけではありません。下の方にフリーダイヤルと表記されながら、実際に表示されている番号は東京の市外局番。日本人がフリーダイヤルを知らないわけ無いので明らかに外国人による詐欺である事がわかりますね。

娘さんが同じ無線LANの別パソコンで、公的なデータを扱ってたので不安視されていましたが、幸いネットワークに感染するウイルスタイプではなかったので、自分で対処せず冷静に私に連絡するようにお願いしました。

CASE2 LINE詐欺

中学時代の同級生で、卒業後も忘れた頃に連絡を取り合い数十年経った今でも連絡先を交換している女性がいるんですが、彼女の不注意でLINEのアカウントが乗っ取られ、私宛に送られた詐欺のLINEの実況です。

この時点で、世間にはこの手のLINE詐欺の手口がニュースなどを通じて認識されており、そろそろ違う手口でなんか新しい詐欺が出るのかなと思ってた時期の話です。それではLINEのやり取りをご覧下さい♪

KINE詐欺のやり取り実況1

この時点で、すぐ詐欺の手口に気づいたので、「LINE詐欺キターッ!」という感じで、ニヤニヤしながら画面を見ておりました。恐らくアカウント乗っ取られたんだろうなと思って携帯のショートメールで本人に連絡して裏を取りました。

本来ならYouTubeネタにもなりそうな展開だったので、詐欺の犯人とふざけたやり取りをしてこちらに一部始終を実況しようと思ったのですが、この日は大事な予定があり、泣く泣く速効で切り上げました。では続きをご覧下さい。

LINE詐欺のやり取り実況2

この後、アカウントを乗っ取られた同級生とは電話で直接やり取りをして、被害がほかの人に拡大しないようにLINE運営への通報とアカウント復旧の助言を行い、無事にアカウントを取り戻すことが出来ました。

同級生から「この歳でIT詳しいとか惚れるよw」とか言われたので「そういうのは独身時代に言ってくれ」としっかり言っておきました(笑)

詐欺のまとめ

この2つの詐欺に共通することは、冷静に考えれば、おかしい点に気づくことです。普段連絡してこない同級生から金の無心されても突っぱねると言う考えを持って居れば詐欺に引っかかることはありません。もっともらしいことを言って信じ込ませようとするなら、「警察官の知人と一緒に行くから」が効果的かなと思います。

シニアのパソコン1ー向き合い方を考えるー

始めに

私の周囲には60代~80代のパソコンユーザーが、私のお客様という形でたくさんいらっしゃいます。私はお客様の所に訪問して、パソコンの買い換えから不具合の修正や設定作業を、お客様の代わりにパソコンのサポートしているのですが、お客様も色々な用途でパソコンをお使いになっていらっしゃいます。

町内の自治会資料をパソコンで作られている方、趣味の登山で撮った写真を整理して管理している方、映画やドラマなどを鑑賞されている方、ホームページをお気に入りに登録して、毎日ネットを見て回っている(ネットサーフィン)方。用途に応じて必要なスペックは違います。

続きを読む…

パソコンと向き合うシニア世代

定年退職後、仕事に費やしていた時間で何をされてますか?「パソコン教室に通ってます」というお話をお客様からよく伺います。職場にパソコンを導入しているところも多く、WindowsXP以降、仕事で使うExcelやWordを筆頭に年賀状作成ソフトの利用などで個人で購入される方も増えてきました。

私のお客様でもシニア世代の方が多く、格安パソコンの導入から、トラブルの対応、使用する環境の構築など色々な依頼が来ますが、シニアの方共通しての問題点は、わからない事をわからないまま置き去りにして、先に進んでしまうことでは無いでしょうか。

続きを読む…

古い情報しかないパソコンのサイトだったのに…

古い情報しか載ってないパソコンのサイトだったのに、毎日それなりに来訪者がいて、驚いています。数年更新もせず放置してたにもかかわらず、誰かしら覗いてくれてるんですね~

パソコンサポートの仕事も地域再開発で、大手家電チェーンの進出により同様のサービスが同価格で行われていることや私が請け負っていた下請けの仕事も無くなってしまった感じで細々とやってたわけですが、常連さんは100%シニア世代でわからずにとりあえず使ってるって方が大半です。

時代の流れとともにネットの中心もパソコンからスマートフォン、タブレット等の携帯出来るモバイル端末へと移行している昨今、通信会社のショップにも足を運んだりする機会もあるんですが、若い店員がお年寄りのお客さんに説明してるのを横で聞いてて、あれじゃちんぷんかんぷんだろうなと実感しました。若い世代には当たり前のIT用語かもしれませんが、60代以上の方がその言葉の意味をどの程度理解してるかって考えたこと無いんでしょうね~

このサイトを再開するにあたって、こういったシニア世代でパソコン使う為の情報が必要だと感じ、その方向で更新をしていこうかと思っています。

基本的な方向性が決まると書くことも整理出来そうですので、マイペースで更新していこうかと思っています。