富士通が今月末よりWindows8.1搭載パソコンの受注を開始 | カスタムPCライフ-自分だけのオリジナルパソコンを持とう-

カスタムPCライフ-自分だけのオリジナルパソコンを持とう-

自分だけのオリジナルパソコンを持とう

Since2012.12.3

富士通が今月末よりWindows8.1搭載パソコンの受注を開始

富士通が今月末よりWindows8.1搭載パソコンの受注を開始

富士通からのニュースレターで、今月末よりWindows8.1の受注を開始するという発表がありましたがいよいよ年末に向けてWindows8のマイナーチェンジ版であるWindows8.1を搭載したパソコンが市場に出始めるようです。

しかし、ふと疑問に思うのは今回のバージョンアップが8.0から8.1へのマイナーバージョンである事ですが、旧来のWindowsなら、サービスパック1となるのでは無いかと言うことです。

今回のWindows8.1は、確かにサービスパックのようなファイルの修正をセットにしたようなものとは違い、一部のインターフェイスは、刷新されてマイナーチェンジながらも新しい機能としてディスクトップ画面の左下にタイル画面への切り替えが出来るボタンが付きました。

タイル画面自体も上へ持ち上げる感覚で、全てのプログラム一覧にアクセス出来るようになっているのが、最大の特徴です。

富士通 ARROWS Tab Wi-Fi

以前にWindowsXPでもSP2に更新されたとき、新しい機能が実装されていたのでSP1に比べて、初期のXPとは、マイナーレベルの域を超えて改訂されていると言う部分では否定しないのですが、当時は何故か、WindowsXPとして使いにくくなったと多くのユーザーから言われていて、あえてSP2にバージョンアップしないという事を企業のシステム担当者が言ってたくらいですから、今では考えられない対応をしていたものですよね。

しかし、Windows8.1は予測されていたスタートボタンの復活はなく、代わりにタイル画面への移動ボタンが左下に付いたので、タイル画面への移動は、ワンクリックで良くなったので、現状よりは良いと思われます。

どっちにせよ、Windows8.1の正規リリースが楽しみになっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »