WindowsHomeServerを始めよう | カスタムPCライフ-自分だけのオリジナルパソコンを持とう-

カスタムPCライフ-自分だけのオリジナルパソコンを持とう-

自分だけのオリジナルパソコンを持とう

Since2012.12.3

WindowsHomeServerを始めよう

はじめに

Windows Home Server2011とは、どんなものでしょう?一言で言うと、大切な画像ファイル、大容量の動画ファイル、仕事で使う各種オフィス系のファイルなどを一元管理する為の管理サーバーだと思ってます。サーバーとは、コンピュータネットワークにおいて、クライアントコンピュータの要求にに対し、機能やサービスを提供するシステムと定義されています。

一言でサーバーと言ってもいろいろな用途に応じて、多種多様に存在しますが、Windows Home Server2011は、ファイルとネットワーク内のパソコンの管理が主な役割のサーバーです。家庭でも複数のパソコンを所有するのが当たり前になってきた昨今では、大事な家族の写真などを一元管理する事で、大事なデジタル資産を守ってくれるでしょう。

導入のきっかけ

うちの端末で使っていたWindows Vista3台をWindows7へアップグレードした事がきっかけで、家庭内でも端末のデータ共有が出来るホームグループ機能を試してみた結果、ノートパソコンなど、HDDの容量が小さい端末にファイルを置かなくてもディスクトップパソコンの大容量HDDだけでファイル運用が可能になるというメリットはわかりました。

しかしホームグループはあくまでも各端末のデータにアクセス出来る機能でしかない為、データのバックアップ問題やデータの集中管理とは違うもののWindowsがホームユーザーに対しても家庭内ネットワークを意識している事がわかりました。

データの一元管理では、以前から利用していたBUFFALO製の無線ルーターに搭載されている外付HDDによる簡易ファイルサーバー機能が、セキュリティ面で、不安になっていた事もあり、低価格で登場したWindows Home Server2011導入を検討することにしました。

データの一元管理とバックアップ

私は仕事柄、パソコンの内部に保存していた大切なデータが、パソコンの故障によって損失するという事態を自他共に多く経験しています。パソコンの故障で、一番の被害は、パソコン自体ではなく、蓄積されたデータであると言うことを誰よりも認識している為、以前から、バックアップとデータの管理については、人一倍いろいろなやり方を行ってきました。

Windows Home Server2011導入は、データ管理とバックアップを考える中で、簡単にデータを管理し、万が一の事態にも対処出来る最善の策だと思っています。

ホームサーバーWindows Home Server2011の入手方法>>

このエントリーをはてなブックマークに追加