グラフィックボード | カスタムPCライフ

カスタムPCライフ

自分だけのオリジナルパソコンを持とう

Since2012.12.3

グラフィックボード

中国のマイニング規制に伴うグラフィックボード価格の下落

仮想通貨ビットコインが価格を大幅に伸ばす一方で、マイニングを行う際に大量の電力が浪費されていると言う問題を受け、中国政府が動いた結果、思わぬ所に反動が現れたようです。中国のマイニング規制に伴うグラフィックボード価格の下落が確認されています。

中国の安い電気料金に目を付けたビットコインのマイニングを行う企業等が、マイニングを行う大規模な設備を中国に作っていたことが電力の浪費につながり、2021年5月にビットコインの取引とマイニングを禁止する方針を明らかにしたことで、ビットコインの相場が4月に700万まで上がっていたのが364万(7月13日現在)へ下落してしまいました。

続きを読む…

ELSA グラフィックボード GD730-2GERQDD5のご紹介

私も仕事用のパソコンで利用しだして、利便性とウインドウの切り替えをする煩わしさから解放されて、仕事環境のパソコンに推奨しているのがマルチモニター機能を利用した利用なのですが、HDMI端子を4つ搭載したグラフィックボードであるELSA グラフィックボード GD730-2GERQDD5のご紹介です。

最近はノートパソコンに外部モニターを繋ぐなどオンボードでも複数のモニターに対応したものが増えてきましたが、4Kのような高精細な画像を処理やモニター台数の増加に対応するため、性能の良いグラフィックボードがおすすめです。

続きを読む…

SEVENの最高峰、税込み130万越えのBTOパソコンZEFT R21XGのご紹介

ちょっと前にグラフィックボードGeForce RTX3090で30万円という値段で登場してましたが、RTX3090搭載したBTOパソコンならどの位の価格いくかな~と純粋に思ったので調べて見たのですが、予想の斜め上を行く結果になってしまったので、改めてZEFT R21XGをご紹介しておきます。

正直、このパソコンの価格を最初に見た時、持ってる人はPROのクリエイターか、スーパーカークラスの車を数台所有しているような高所得者か、パソコンにとことんこだわるマニア層のパソコンユーザーぐらいしか買わないと思う桁違いの税込み130万を超える超弩級価格というバケモノでした。

続きを読む…

ライトゲーマー向けG-Tune PM-A (B450)のご紹介

先日紹介したRyzen5を使ったライトゲーマー向けゲーミングPC G-Tune PM-A (B450)のご紹介です。ミドルクラスのCPUと低価格グラフィックボードで、ミニタワーを採用することにより、コストを抑えています。

ファイナルファンタジーⅩⅣのように4Kのプロモーションに使われるようなゲームはちょっときついですが、ドラゴンクエストⅩのような比較的低価格PCでも動くゲームなら十分に使える仕様です。

続きを読む…

Radeon RX550 グラフィックボードAXRX 550 4GBD5-DH

せっかくcore i5クラスのCPUや8GB以上のメモリーを搭載していてもグラフィックがCPU依存のHDグラフィック等を使用していては、ちょっと大きめのファイルを動かすだけで、動きに安定感が無かったりすることがあります。仕事で使うのにデュアルモニターも導入したいと言う事で探してみました。

映像関係やゲームなどグラフィックにこだわった仕様では無いので、お値打ちの価格帯で、2つ以上のモニターを出力できると言うのを予算1万円以内という前提でちょっと見てみました。

続きを読む…

GV-N3080EAGLE OC-10GDのご紹介

発売日の紹介では無く、発売日から2週間ほど間が空いてるんですが、ゲームユーザー向けハイエンド仕様をお持ちの方がこのサイトをリアルタイムでチェックしているわけでもない状況ですので、一ゲーミングPCユーザー視点でRTX-3080シリーズがどんな製品なのかというご紹介です。

一言で言うなら、ちょっと高性能なパソコン1台と同価格帯の、NVIDIAのグラフィックボードです。

続きを読む…

最近、ゲームベンチマークの使われ方間違ってないですか?

最近、某YouTuberの動画を見てて異様に目に付くドラゴンクエスト10のベンチマークなんですが、私の率直な感想は表題の通り、使われ方間違ってないかの一言に尽きます。

ドラゴンクエスト10プレイ画像

動画をUPしてるユーザー自身がゲームもしないのにスコアを数値化するという理由だけで、ゲームのベンチマーク入れて比較するって、意味わかってるのかな~

続きを読む…