AMD | カスタムPCライフ

カスタムPCライフ

自分だけのオリジナルパソコンを持とう

Since2012.12.3

AMD

8年前のCeleronを使い続けてたお客様へ

先日、古くから取引をしてもらってるお得意様で家族経営を行っている会社のお客様から、パソコンが調子悪いと言う連絡を受け、現場で状況を確認したところトラブルでは無く、ただ単に8年ほど前の最低スペックのCeleronを搭載したパソコンで大きな処理をしていたため、劣悪な動作になっていただけでした。

それに加え、通信環境が数世代前の無線ルーターを使っているので、未だにWi-Fi接続が54Mbpsと言う内容で、大容量のデータを取引先から送ってもらってもすぐにデータを取り込めずに固まったようになっていました。

続きを読む…

品切れ続出するノートパソコン

パソコンメーカーが違っても中の部品は共通している部分が多いのはご存じでしょうか。特にパソコンの心臓部とも言えるCPUはIntelがパソコン市場の大半を占めていました。

しかし、テレワークの常態化に際し、自作ユーザーなど一部しか認識の無かったAMDがRyzenを投入し、現在ではCPUは2社の生産に委ねられています。

続きを読む…

AMD Ryzen 5 3600のご紹介

最近、勢いのあるAMD社のCPURyzenシリーズの第三世代Ryzen5のご紹介です。私も20年以上前から自作パーツとしてIntel製CPUよりコストパフォーマンスが高かくて安かったAMDのCPUを良く使っていたので、このRyzenの地位向上は願ったり叶ったりです。

Ryzen5 3600は6コア12スレッドでコア数も多く、実売価格2万円台のCPUとしては、快適な性能ではないでしょうか。

続きを読む…

Lenovo IdeaCentre 510Aのご紹介

置き場所が固定していて設置できるなら、私はノートパソコンでは無くディスクトップを推奨しているのですが、日本の住宅事情を考慮するとコンパクトなディスクトップがあればと思い探して条件にあった商品を見つけたのでご紹介します。

本体のみですが、液晶モニターは同時購入割引で27インチまでの数サイズが安く買えます。

続きを読む…

MicrosoftがCPU自社開発へ!

ネットで見たニュースでかなり関心のある記事だったので、こちらでも紹介します。Windowsでお馴染みのMicrosoftが今まで他社に依存していたCPUを自社設計・開発に向けて動いていることがわかりました。先行するAppleを見据えての対応だと思いますがIntelやAMDの動向も気になります。

AppleがM1チップを搭載したパソコン「MAC」を先月発売し性能面で優位だとYouTubeでもレビュー動画で見ていましたが、自社ブランドでOSに適したCPUがハードの高性能化になれば、Windowsユーザーにとっては嬉しい情報だと思います。

続きを読む…

まだ使える!Vista時代のNECノートパソコン改造記3

前回の話→まだ使える!Vista時代のNECノートパソコン改造記2

前々回の話→まだ使える!Vista時代のNECノートパソコン改造記1

前回までの内容でしばらく運用していましたが、メモリーを増設したとはいえ、中途半端に容量が使えない上、余ったメモリ領域が1GBあるわりに、グラフィックボードのメモリ割当が、最大でも256MBしかないので、ストリーミングの動画再生やブラウザの反応も今ひとつだったので、切り札にCPU交換を行うことにしました。

続きを読む…