パソコン・モバイル豆知識 | カスタムPCライフ

カスタムPCライフ

自分だけのオリジナルパソコンを持とう

Since2012.12.3

パソコン・モバイル豆知識

同じ型番のモデルでも仕様が違う

BTOパソコンならベースモデルの型番でカスタマイズによる変更があるので、メモリーやストレージ内容が異なる場合がありますが、まさかのChromebookで、製造時期によって同じ型番のモデルでも仕様が違う内容に気づいていませんでした。

該当するのモデルで気になったのは、ASUSのChromebook C214MAです。スタイラスペン対応と非対応で2モデルあるのは把握していたのですが、更に製造時期によってCPUも変更されていたのには気づきませんでした。

続きを読む…

ディスクトップパソコンの移動は慎重に

先日、数年ぶりに依頼を受けた個人病院からの依頼だったのですが、急にモニターの電源が入らなくなり、たまに一時的に起動するけどすぐに落ちてしまうと言う内容だったのですがディスクトップパソコンの移動は慎重にしないと故障の原因や故障と勘違いしてしまうと言うお話です。

インターネットに繋いでいない環境でMicrosoft Officeと弥生会計ソフトのみを使っている状況なので、パソコンも未だにWindows7環境で利用されており、ファイルデータ以外は増えているものはありませんでした。

続きを読む…

データのバックアップは確実に

クラウドサービスの普及により、同じアカウントで利用する複数の端末でのデータ共有が当たり前になっているので、あまりバックステップを意識してやっていないのですが、パソコン1台でアカウントの連携やクラウドの利用をされていないなら、データのバックアップは確実に行いましょう。

そのためには普段利用している内容のデータが何処に保存されていてどの項目を保存しているのかと言う理解が必要ですね。

続きを読む…

予備機は手元に置いておくに限る

このような状況に陥るというのは、宝くじにでも当たるような確率なのかも知れないですが、スマートフォンも機械であるから、突然の不具合で利用不可になることもあるわけで、使えない不自由を体験すると教訓として思うのは、予備機は手元に置いておくに限ると言う事ですね。

Googleの不具合がネット上で話題になっていましたが、OSのプログラムバグも含めると、予備機はOSの違いも考慮した方が良いのかもしれません。

続きを読む…

SSDに換装した中古PCのストレージ容量

たまに新聞広告のチラシに入ってくるパソコンの広告で展示会場を利用して、中古パソコンの現地即売会を行ったりしているのをたまに見かけますが、内容的にはSSDに換装した中古PCのストレージ容量が少なく感じてしまうケースもあるのではと言う事です。

一時期、ハードディスクは技術的にどんどん容量を増加させ、メガからギガへ、ギガからテラへと容量の単位をすごい勢いで拡大していきました。1TB以上の容量を搭載した大容量パソコンでは画像や多少の動画データを持っていても余裕のディスク容量です。

続きを読む…

リスティング広告の闇と迷惑ツール

インターネットを利用していてホームページを閲覧していると、サイドバーやページ内の記事の途中に記事と関係ないバナーが目に付くことがあります。利用者にとって関心のある内容が表示される仕組みをリスティング広告と言います。このリスティング広告の闇と迷惑ツールのご紹介です。

リスティング広告自体は、インターネット利用者の検索ワード実績等を反映させた広告が表示されるので、大半のものは、優良な広告主のところへ誘導されますが、キーワード次第によってはかなり黒に近いグレーな広告先に繋がる事があるのです。

続きを読む…

英文の説明書を簡単に日本語化する方法

最近は、海外から輸入された安い商品を買うと英語の取扱説明書しか付いてないというケースもあって、安くて操作もわかりそうな製品だと気にせずそのまま使ってる方も多いと思いますが、注意事項がわからいなどに備え、英文の説明書を簡単に日本語化する方法を紹介します。

まぁ正直なところ、PDFなどのデータだったら、また違う翻訳方法があるのですが、今回はペーパーベースという事で説明していきます。

続きを読む…