中古品の改造と修理 | カスタムPCライフ

カスタムPCライフ

自分だけのオリジナルパソコンを持とう

Since2012.12.3

中古品の改造と修理

富士通STYLISTIC Q702/Gのジャンク再生2

裏蓋を開けた内部

前回、裏蓋を開けた状態で水色で囲んだ部分には、mSATA SSDの取付を行います。メーカー純正の状態では64GBですが、今回は256GBのmSATA SSDを用意しています。今回、Microsoft365のOfficeアプリをインストールすることや画像加工にスタイラスペンを利用する方針の為です。

Windows10のupdateプログラム対応というのもあり、データの空き容量に余裕を持たせたかったためというのもありますし、費用対効果のバランスも視野に入れて256GBという容量に落ち着きました。

続きを読む…

富士通STYLISTIC Q702/Gのジャンク再生1

2in1モデル富士通STYLISTIC Q702/G

先月末に買ったジャンクPCのうち、Windows10を入れて2in1モデルとしてジャンクを再生しようと思ったのが今回の富士通STYLISTIC Q702/Gです。スタイラスペンが付属しており、手書きなどの活用方法を考える意味で私的に初となる2in1モデルです。

ジャンク品を包装していたエアークッションを取った途端に本体上部のカバーパーツが外れてしまい、付け直そうと思いましたが、はめ込む爪が一部欠損してるっぽいので取れやすいですが諦めました。

続きを読む…

突然の電源トラブル

裏蓋ネジ

メンテナンス用裏蓋のネジ位置です

出先の職場で、先月ジャンク再生で紹介したNECノートPC VersaPro VK26TX/Gを使っていたら、ちょっとよそ見してる間に電源が落ちている状態になっていました。最初は、変なボタンに触ったかなと思い、再起動すべく電源を長押しするも反応がありません。

出先だったこともあり、詳しいチェックは出来なかったのですが、ひとまず、ACアダプターからの通電はインジケーターで確認、本体の電源ユニット周りにあたりを付け、確認のため電源投入しましたが反応せずでした。

ACアダプターを繋ぐと電源のインジゲーターは点灯してたので、ACアダプターは問題無く使えるのを確認するまでは、現地で出来たのですが、出先でのトラブルという事もあり、その状態で、パソコンを収納してしまいました。

続きを読む…

2in1モデルを使ってみた

2in1モデル富士通STYLISTIC Q702/G

世の中、新型iPhoneの発売に注目が集まっていますが、使用しているモバイル系は、Androidメインなので、世間ほど大騒ぎはしてないんですが、iPhoneよりもiPadに関心があるんですが、最近のiPadはタブレットと言うより、2in1モデルのパソコンを意識して周辺機器を用意し、幅広い対応をしてますよね。

私も最近2in1モデルに興味があり、ちょうどお馴染みのPeCo ECWorldに富士通のSTYLISTIC Q702/Gと言うモデルのジャンクがあったので、早速本体と別に、不足しているストレージのmSATA SSDを購入して再生したのですが、画面に2本の縦筋が入っていて、元々ハズレだったのか?今回から配送業者が変わって精密機械扱いされてなかった(箱に精密機械表示無し)のが原因で後天的にモニター破損が生じたかちょっと考えてしまうとこでした。

続きを読む…

Dell OPTIPLEX 3020 i5-4590のジャンク再生2

パソコンの分解

パソコンの分解は背面の画像で赤い○で囲んだネジを外して、天板を取ります。Dellのディスクトップパソコンは、構造上分解がとてもしやすいので、正直、細かい解説をする必要すらないほどです。

Dell OPTIPLEX 3020 i5-4590の背面

HDDや光学ドライブなどメンテナンスで着脱を必要とするパーツの部分に関しては、Dell特有の緑のアタッチメントを取り付けてレバー1つで本体から取り外せる簡易着脱が出来るようになっています。

続きを読む…

Dell OPTIPLEX 3020 i5-4590のジャンク再生1

ビジネス用途で使っていた自作PCが半壊状態になり、電源が急に落ちたりするのでマザーボードの故障と推測していますが、何度も落ちているうちにOSの方もシステムエラーを起こすようになり、しばらくは、ゲーミングPCとノートPCに役割分担を行っていました。

その状況でしばらく騙し騙し使っていたのですが、やはり業務用の専用機が欲しいと言うことでDell OPTIPLEX 3020 i5-4590をジャンク購入して再生改造を行う事にしました。

DELL OPTIPLEX 3020

ジャンク品のDELL OPTIPLEX 3020の画像

Dell OPTIPLEX 3020 i5-4590を選定した理由は、過去にDellのPCを分解した際、交換する可能性のあるパーツにはアタッチメントが取り付けられており、メンテナンスが楽というのと第4世代Core i5 4590を搭載していて6000円以下だったからです。

第4世代のi5なら年式的にもまだまだ先を見据えた対応の余地もあり、ひとまずは最低限の部品で私のビジネス要素もこなせると言う判断ですね。

仕事上で画像のちょっとした加工やホームページのタグ編集などもするので、ひとまずメモリの増設と高速なレスポンスを実現する為にSSDは用意しておきました。

続きを読む…

VersaPro VK26TX/Gのジャンク再生4

部品の取り付けが完了し、いよいよ電源を入れてOSのインストールと設定です。ACアダプターは、メーカーの純正部品が一番安全なのですが、純正品と同じ定格電力のアダプターが他メーカーのもので持って居たので、とりあえずそれを繋いで純正の中古をネット販売から購入しました。

Windows10 PROの導入

この機種には、PROエディションのライセンスキーがあったので、それを利用して再インストールと言う形で、Windows10PROを導入しました。

続きを読む…