スタイラスペン | カスタムPCライフ

カスタムPCライフ

自分だけのオリジナルパソコンを持とう

Since2012.12.3

スタイラスペン

【リファビッシュ】Chromebook ASUS C214MAのご紹介

一度、リファビッシュパソコンとして大量に出回り、完売したと思っていたほどに市場から姿を消していたのですが、また大量に出ていたので、【リファビッシュ】ASUS C214MAのご紹介を改めてさせて頂きます。

実は、私も半年ほど前にASUS C214MAのリファビッシュパソコン大量放出時に【リファビッシュ】品を購入した1人なので、実際に使用感も含めて、ご紹介していきたいと思っています。

続きを読む…

CHUWI Hi10 Go 10.1インチ 2in1 タブレットのご紹介

オプションまで買っても3万円台と安いのにまともに製品を作り込んでいるのが伺える内容のタブレットで、別売の専用キーボードスタイラスペンを追加すると2in1モデルのノートパソコンとしても機能するCHUWI Hi10 GO 10.1インチ 2in1 タブレットのご紹介です。

CHUWI Hi10 GOで注目すべきは、3万円という価格帯で比較するとストレージにせよ、メモリーにせよちょっとだけ性能の良い仕様となっていることが多いのです。

続きを読む…

同じ型番のモデルでも仕様が違う

BTOパソコンならベースモデルの型番でカスタマイズによる変更があるので、メモリーやストレージ内容が異なる場合がありますが、まさかのChromebookで、製造時期によって同じ型番のモデルでも仕様が違う内容に気づいていませんでした。

該当するのモデルで気になったのは、ASUSのChromebook C214MAです。スタイラスペン対応と非対応で2モデルあるのは把握していたのですが、更に製造時期によってCPUも変更されていたのには気づきませんでした。

続きを読む…

2in1モデルとスタイラスペン

最近ノートパソコンには、2in1モデルと呼ばれる仕様のものが増えてきました。当初はセパレートしてキーボード部分を取り外しタブレットになるものばかりでしたが、最近はノートパソコンを折りたたむヒンジを改良し、キーボード部分を画面の背面にしてタブレットのように出来るものが多くなっています。

セパレート式にしろ、折りたたみ式にしろ、タブレットのように画面をタッチして操作する事が出来るので、スタイラスペンを使った活用方法もあるのです。

続きを読む…

スタイラスペンと電池の規格

富士通スタイラスペン

2in1モデルのジャンクパソコン富士通STYLISTIC Q702/Gを再生して使うようになって、初めて知った事にスタイラスペンが電池駆動する機械式だったという事です。当初は、ボールペンの頭に付いているゴム製のタッチペンと同等のものと誤解してました。

続きを読む…

富士通STYLISTIC Q702/Gのジャンク再生2

裏蓋を開けた内部

前回、裏蓋を開けた状態で水色で囲んだ部分には、mSATA SSDの取付を行います。メーカー純正の状態では64GBですが、今回は256GBのmSATA SSDを用意しています。今回、Microsoft365のOfficeアプリをインストールすることや画像加工にスタイラスペンを利用する方針の為です。

Windows10のupdateプログラム対応というのもあり、データの空き容量に余裕を持たせたかったためというのもありますし、費用対効果のバランスも視野に入れて256GBという容量に落ち着きました。

続きを読む…

富士通STYLISTIC Q702/Gのジャンク再生1

2in1モデル富士通STYLISTIC Q702/G

先月末に買ったジャンクPCのうち、Windows10を入れて2in1モデルとしてジャンクを再生しようと思ったのが今回の富士通STYLISTIC Q702/Gです。スタイラスペンが付属しており、手書きなどの活用方法を考える意味で私的に初となる2in1モデルです。

ジャンク品を包装していたエアークッションを取った途端に本体上部のカバーパーツが外れてしまい、付け直そうと思いましたが、はめ込む爪が一部欠損してるっぽいので取れやすいですが諦めました。

続きを読む…