光回線の開通にまつわる電信柱と電柱の話 | カスタムPCライフ-自分だけのオリジナルパソコンを持とう-

カスタムPCライフ-自分だけのオリジナルパソコンを持とう-

自分だけのオリジナルパソコンを持とう

Since2012.12.3

光回線の開通にまつわる電柱と電信柱の話

光回線の開通にまつわる電柱と電信柱の話

以前、電力会社系列の光インターネット回線を取次代理店をしていた頃の話です。
申込書記入から開通までの期間が人によってかなり違う事でトラブルになった事がありました。

同時期に申し込んで10日程度で開通するお客様もあれば、2ヶ月過ぎても工事の連絡がいかないお客様もいました。

私は、回線をとる仕事は、パソコンサポートのついでに受けていたのでまとめて数十件同エリアを開通と言うことはありませんでしたので、個別に受けるのが前提でした。

さすがに2ヶ月連絡がないお客様には説明が必要になりますが、孫受け代理店だったので情報が総代理店からしか入って来ません。

そこで私の聞ける範囲で聞いてみたところ、NTTの所有管理してる電信柱と電力会社が所有管理してる電柱があって、お互いに相手の所有する柱を利用する場合、申請する必要があるって事だったんです。

光回線の経路が自社所有の柱だけで開通する場合は、申請手続きの負担がない分開通が早くなると言う事でした。

ここからは私の憶測ですが、営業会社がエリアを絞って期間集中営業するのは、一括した申請でスムーズに開通させるための手段なのかもしれませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

«