DVビデオ用ビデオキャプチャカードの取付 | カスタムPCライフ

カスタムPCライフ

自分だけのオリジナルパソコンを持とう

Since2012.12.3

DVビデオ用ビデオキャプチャカードの取付

DVビデオ用ビデオキャプチャカードの取付

ゲームする時間が減ったマウスコンピューターのゲーミングPCであるG-TUNEで、動画編集などを行うべく、ビデオキャプチャカードを取付してみました。以前にブルーレイドライブを追加していたのもあるので、いずれ動画編集も視野に入れての増設です。

IEEE1394キャプチャの箱

Amazonで安いIEEE1394のPCI Expressカードが出ていたので、安ければ良いと言う安易な考えで衝動買いしていました。ハーフサイズにも対応する部品が付いていましたが、今回はミニタワータイプのBTOパソコンに装着するので、無ければそれでも良かったのですが、他のPCで使う時には助かりますね。

IEEE1394のカードを袋から出したところ

G-tuneの側面版を取り外し、グラフィックボードの下にあるPCI Express端子にカードを装着してネジ止めします。

PCI Expressスロット

取付が終わったら側面版をはめてネジを元通りに締めておきます。

IEEE1394のカードを取り付けたところ

ハードはこれで、準備完了ですが、まだこの状態ではビデオキャプチャは出来ません。昨日レビューしたアナログビデオ用のキャプチャツールGV-USB2に付属しているソフトがあれば、IEEE1394のカードを使ってDVのデジタルビデオから録画内容をデジタルコピーできるようになります。

キャプチャソフトが無い場合は、PowerDirector 19 Standard 通常版などの動画編集ソフトを購入して、キャプチャする必要がありますね。

性能の良いCPUと大容量のメモリーを搭載したパソコンでないと動画の取込や書き出しにものすごい時間がかかったりしますので、あまりお勧めは出来ないですが、core i5やi7のパソコンでメモリーを8GB以上搭載しているなら、動画の取込にもチャレンジしても良いかも知れないですね~

この記事は上記アイコンからTwitterで紹介することも可能です。いいねボタンも更新モチベーションが上がりますのでこの記事が参考になった、面白かったと感じたらぜひよろしくお願いします。

サイバーリンク PhotoDirector

« »