プリンター | カスタムPCライフ

カスタムPCライフ

自分だけのオリジナルパソコンを持とう

Since2012.12.3

プリンター

新製品のスパンが長くなっています。

先日、知り合いのプリンターを注文していて価格帯の安いモデルが納期3ヶ月待ちとか、まるで車のような生産待ちがあちこちのショップで見受けられるようになっています。かつてのような次期モデルのために旧製品を投げ売りする余裕が無く、新製品のスパンが長くなっています。

コロナ渦の中、生産能力の低下は長期化した今になって、ジワジワと衣食住以外の分野で、生産能力が落ちているのかも知れませんね。

続きを読む…

Canon 低価格エコタンクTypeプリンター G1310のご紹介

プリンターがインクビジネスから脱却するべく投入してきたエコタンク採用のシステムですが、今までの主力はスキャナーを一体化した複合機でしたが、コピーやスキャナーをほぼ使わない方向けにプリンターのみに特化したCanon 低価格エコタンクTypeプリンター G1310のご紹介です。

エコタンクは数年前からプリンターメーカーより発売されだしたインクカートリッジを使わないTypeですが、従来のカートリッジ型と比べインクのランニングコストが減る代わりに、本体価格が倍程の値段になるので気楽に買いにくかったと言うのが、本音ではないでしょうか。

続きを読む…

Canon ビジネス向けプリンター 特大容量ギガタンク搭載 G6030のご紹介

Canonから発売されている、大容量のギガタンクを搭載した黒の顔料インクとカラーの染料インクと言うハイブリッドタイプのインクジェットビジネス向けプリンターG6030のご紹介です。

インクジェットプリンター最大のネックであるインクカートリッジ1本の単価が高く交換頻度も早いというメーカーの「インク商売」(本体を安くインクで稼ぐ)と揶揄されている従来の手法と違い、印刷のコストダウンをしたい方向けのビジネス向けプリンターです。

続きを読む…

プリンターの需要低下か?

パソコン環境がクラウド化ありきの方向性となって進展している中で、オンラインを前提としたデータ共有化が進み、ペーパーレスが増えてきました。

企業も昨今の状況からテレワーク化で社内での大量印刷から個人宅で必要最小限の印刷になった事で印刷の機会が減り、プリンターの需要も減っている感じがします。

続きを読む…

染料インクと顔料インク

現在、市販されているパソコン用のインクジェットプリンターには、染料インクと顔料インクの2種類が存在しますが、現在のようなカラーのインクジェットプリンターが登場した時から採用されていた染料インクに比べ、顔料インク搭載機の歴史はまだ10年ほどです。

エプソンから発表された、ハイエンドなプレステージモデルのプリンターPM-4000PXに顔料インクが搭載され、2種類の黒を交換することで、多用途に応じたインクチェンジシステムを実現したモデルでした。

初代顔料インク搭載機PM-4000PX

※顔料インクを初めて搭載してエプソンのフラッグシップモデルとして登場したPM-4000PX

続きを読む…