管理人の日記 | カスタムPCライフ

カスタムPCライフ

自分だけのオリジナルパソコンを持とう

Since2012.12.3

管理人の日記

身近で起きたネット詐欺のまとめ

インターネットはスマートフォンの普及により、パソコンが無くても大勢の人に利用されるようになり日々進化していますが、残念なことにネットを利用した詐欺行為もまた手を変え品を変え、知識の無い初心者やシニア世代などをターゲットにして横行しているのです。

CASE1Microsoftの偽装ページ

パソコンのサポートをしている年配の顧客からの問合せで訪問してみると上記のページがパソコンに表示されており、警告と電話を促すアナウンス音声まで流れてました。どうやら、どこかのブログを見ていてサイドバーに表示された広告が紛らわしいWindowsのシステム警告のようなものだったらしく重大なエラーかもしれないと焦って電話したらしいのですが、応対した相手が片言日本語の外国人のようだった為、念のため私に連絡して発覚となりました。

Microsoftのページを装う詐欺

実際、訪問してみて画面を見るとまずアドレス確認したらもろに詐欺サイトと言わんばかりのアドレスで、サイトアドレスにMicrosoftの文字列が全くありませんでしたw

それだけではありません。下の方にフリーダイヤルと表記されながら、実際に表示されている番号は東京の市外局番。日本人がフリーダイヤルを知らないわけ無いので明らかに外国人による詐欺である事がわかりますね。

娘さんが同じ無線LANの別パソコンで、公的なデータを扱ってたので不安視されていましたが、幸いネットワークに感染するウイルスタイプではなかったので、自分で対処せず冷静に私に連絡するようにお願いしました。

CASE2 LINE詐欺

中学時代の同級生で、卒業後も忘れた頃に連絡を取り合い数十年経った今でも連絡先を交換している女性がいるんですが、彼女の不注意でLINEのアカウントが乗っ取られ、私宛に送られた詐欺のLINEの実況です。

この時点で、世間にはこの手のLINE詐欺の手口がニュースなどを通じて認識されており、そろそろ違う手口でなんか新しい詐欺が出るのかなと思ってた時期の話です。それではLINEのやり取りをご覧下さい♪

KINE詐欺のやり取り実況1

この時点で、すぐ詐欺の手口に気づいたので、「LINE詐欺キターッ!」という感じで、ニヤニヤしながら画面を見ておりました。恐らくアカウント乗っ取られたんだろうなと思って携帯のショートメールで本人に連絡して裏を取りました。

本来ならYouTubeネタにもなりそうな展開だったので、詐欺の犯人とふざけたやり取りをしてこちらに一部始終を実況しようと思ったのですが、この日は大事な予定があり、泣く泣く速効で切り上げました。では続きをご覧下さい。

LINE詐欺のやり取り実況2

この後、アカウントを乗っ取られた同級生とは電話で直接やり取りをして、被害がほかの人に拡大しないようにLINE運営への通報とアカウント復旧の助言を行い、無事にアカウントを取り戻すことが出来ました。

同級生から「この歳でIT詳しいとか惚れるよw」とか言われたので「そういうのは独身時代に言ってくれ」としっかり言っておきました(笑)

詐欺のまとめ

この2つの詐欺に共通することは、冷静に考えれば、おかしい点に気づくことです。普段連絡してこない同級生から金の無心されても突っぱねると言う考えを持って居れば詐欺に引っかかることはありません。もっともらしいことを言って信じ込ませようとするなら、「警察官の知人と一緒に行くから」が効果的かなと思います。

マイナンバーをスマホで申請してみました。

特別給付金の受給申請を、マイナンバーカードを利用してスマートフォンのアプリを利用してやってみました。パソコンでも電子マネー用のリーダーを持っているので、パソコンでも可能なのですが、今回は、スマートフォンのおサイフケータイ機能でやってみました。

上記のおサイフケータイ機能に加えて、「マイナポータルAP」と言うアプリのインストールが必要になります。この2つに加え、マイナンバーカードの電子証明書が有効になってる必要があります。引っ越しなどで住所が変わった人が、電子証明書が無効になってたと言うニュースを聞いてますので、マイナンバーカード所持して引っ越す場合は、電子証明書の事も個人情報変更と別に確認する必要があるようです。電子署名認証出来ずにオンライン申請が出来なかったと言う方も散見されていますので、注意が必要ですね。

(さらに…)

最近、ジャンクパソコンの再生にハマってます

最近、ジャンクパソコンに不足している部品を加えて、使えるようにする再生パソコンにハマっています。安価なジャンクPCをネットショップやオークションで探してたのですが、JUNK PC NETと言うジャンク主体で販売しているショップを見つけました。

ジャンクパソコンと言ってもハードディスクを抜いてWindowsが入って無い状態である事。恐らく企業のリース落ちでデータの完全消去の為、HDDのみ処分した者だと思います。ただ個体差で、調子が悪いのはキーボードが不調なノートPCもありました。

基本は通電とBIOS画面までのチェックされたジャンクと言う扱いなので、値段を考えれば、部品取りも視野に入れた購入が望ましいと思います。

(さらに…)

中古パソコンの見直しとSSD

G-Tune

私がノートパソコンを購入していつの間にか、6年も経過してしまい、かなり旧型化してしまいました。

その間にWindowsは、購入時搭載されていたWindows8.1から、Windows10の最新バージョンにアップデートさせてきました。

(さらに…)

メーカーの商品アピールに変化が…

最近、米国のHUAWEI政策と日本政府が公表したHUAWEIの情報に関する報道で、Android端末の多くを占めていたHUAWEI製品が減り、タブレットにいたってはアップルのiPadが1強の状態になってます。

そんな中パソコン関連の日本企業の一部の広告でちょっと気になるキーワードが散見されるようになりました。「日本国内生産」「安心の国内生産」と言う国内で作った安心を売りにしたアピールです。

(さらに…)

私のパソコン熱が再燃してます

このサイト、以前から復活させようと思いながら中々重い腰が上がらなかった理由にオンラインゲームにはまってたのがあります。いい歳のおっさんがオンラインゲームかよと思われる方もいらっしゃいますが、近年、ゲーム業界にもプロが誕生したりとイメージが変わりつつあるんです。

インターネットでの通信が高速化し大容量のデータを追加配信することで、カセットROMやCDでデータを読み込む自己完結型の家庭用ゲームと違って物語の続きが、定期的に配信され、ストーリー関連のコンテンツをやるだけでもかなりの時間をかかる大型のゲームになっています。

(さらに…)