Dell OPTIPLEX 3020 i5-4590のジャンク再生1 | カスタムPCライフ

カスタムPCライフ

自分だけのオリジナルパソコンを持とう

Since2012.12.3

Dell OPTIPLEX 3020 i5-4590のジャンク再生1

Dell OPTIPLEX 3020 i5-4590のジャンク再生1

ビジネス用途で使っていた自作PCが半壊状態になり、電源が急に落ちたりするのでマザーボードの故障と推測していますが、何度も落ちているうちにOSの方もシステムエラーを起こすようになり、しばらくは、ゲーミングPCとノートPCに役割分担を行っていました。

その状況でしばらく騙し騙し使っていたのですが、やはり業務用の専用機が欲しいと言うことでDell OPTIPLEX 3020 i5-4590をジャンク購入して再生改造を行う事にしました。

DELL OPTIPLEX 3020

ジャンク品のDELL OPTIPLEX 3020の画像

Dell OPTIPLEX 3020 i5-4590を選定した理由は、過去にDellのPCを分解した際、交換する可能性のあるパーツにはアタッチメントが取り付けられており、メンテナンスが楽というのと第4世代Core i5 4590を搭載していて6000円以下だったからです。

第4世代のi5なら年式的にもまだまだ先を見据えた対応の余地もあり、ひとまずは最低限の部品で私のビジネス要素もこなせると言う判断ですね。

仕事上で画像のちょっとした加工やホームページのタグ編集などもするので、ひとまずメモリの増設と高速なレスポンスを実現する為にSSDは用意しておきました。

用途に応じた構成の下準備

今回は動画の加工こそしませんが、画像に文字を入れたり、リサイズしたり、ホームページに使う画像加工やホームページビルダーを使ったWord Pressのデザインなどにも使うので、作業効率が低下しないようにメモリはMAXの16GB用意して挑みました。

加工した画像は基本ホームページにアップロードする為、データサイズをそこまで大きくしないので、余ってた2.5インチHDDと2.5インチ用の外付けHDDキットを使ってHDD領域を増設します。

今回は、事前に確認したところ、メモリとSSDの搭載がメインの単純なジャンク機の再生と言うより、部品足してOS入れるだけのベアボーンキットみたいな感じのさぎょうになりますね。

Dellのパソコンは以前からメンテナンスがしやすい構造になってるので、後半では、その辺にも触れながら解説を行いたいと思います→Dell OPTIPLEX 3020 i5-4590のジャンク再生2に続く

この記事が、面白かった、参考になったという方、下のいいねボタンをクリックしてもらうと私の更新モチベーションが上がります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事は上記アイコンからTwitterで紹介することも可能です。いいねボタンも更新モチベーションが上がりますのでこの記事が参考になった、面白かったと感じたらぜひよろしくお願いします。

« »