古い端末にWindows11は、正規品扱いされない話 | カスタムPCライフ

カスタムPCライフ

自分だけのオリジナルパソコンを持とう

Since2012.12.3

古い端末にWindows11は、正規品扱いされない話

古い端末にWindows11は、正規品扱いされない話

とあるYOUTUBE動画で、Windows11のインストールファイルから、チェック用のプログラムを削除したら、Windows11にアップデート出来ると言う動画を見ましたが、古い端末にWindows11は、正規品扱いされない話をしておこうかと思います。

まずは前述の動画については、Microsoftのプログラムを不正に加工していることから、Microsoftとしては、NGな内容の不正改造になると思われます。

Microsoftとしては、Windows11の対象となる比較的新しいVersionのCPUを使った運用でないとセキュリティを強化出来ないという理由で、古い端末を切り捨てる方向にシフトしました。

インストールする際のセキュリティチェックを外した仕様のWindows11インストールプログラムもMicrosoftは提供していますが、あくまでも動作検証用などのような一時的な使い方を推奨しています。

そしてセキュリティチェックのないWindows11は、正規の現行モデルにバージョンアップという形では提供されていません。

つまり、古い端末を利用して、先にWindows11を体験してもらう。今使えるアプリがそのまま使えるかの検証をする、周辺機器は問題なく使えるか等の動作確認が原則です。

なので、古いパソコンにインストールする際には、クリーンインストールすることになるのです。

中古パソコンにWindows11を入れて販売している中古業者は、このセキュリティチェックを回避するWindows11をクリーンインストールして販売しているものです。

ちなみにセキュリティチェックしていないWindows11で、新規にMicrosoftアカウントを作ろうとしても、エラーになります。正規品として認証されていないのでしょうね。

Microsoftアカウントが必要な場合、正規品のWindowsでアカウント作ってから移行しないと、使用に制限がかかるみたいですね。

正規品と認識されたWindows11を使いたいなら、しっかりとWindows11のセキュリティ要件を満たす必要があると思います。

※上記商品紹介の画像は、Windows11搭載中古PCの一例の画像です。商品によって内容は異なります。

人気上位記事の紹介
  1. HPのノートパソコンcaps lockキーのLED点滅ーBIOSの修復
  2. 「セキュリティ保護なし」と表示されるホームページ
  3. タブレットPC mouse E10のご紹介
  4. 無線LANと技適マーク
  5. JUNK PC NETのジャンクパソコン

« »