WSR-5400AX6-MBでWi-Fi6環境へ | カスタムPCライフ

カスタムPCライフ

自分だけのオリジナルパソコンを持とう

Since2012.12.3

WSR-5400AX6-MBでWi-Fi6環境へ

WSR-5400AX6-MBでWi-Fi6環境へ

今年はスマホを買い替える予定でもあるので、Wi-Fi6環境を整えとこうと思いましたが、年末にAmazon経由でメーカー直販の無線ルーターリビルド品が、希望価格の半値に近い金額で出ていたので思い切って購入したものがようやく本日届きました。

リビルド品とは、一度誰かに購入された商品が初期不良などで返品交換された後、メーカーが再調整を行って販売しているものです。神経質な方は買わない方が良いかもしれませんが、気にならない方にはお買い得に高性能品を入手出来る手段になります。

私は、ジャンク品もそうですが、あまり気にしない方なので、こう言う販売方法は歓迎してますね。今見たら既に半値に近い価格表示は消えていたので、たまたま見た時点であったのはラッキーでした。

WSR-5400AX6リビルド品開封

リビルド品はこんな感じで無印の箱に簡易梱包という状態でした。早速開封して中身を取り出し内容を確認してみました。

台座らしきパーツが金色だったのでリビルド品だから本体と色の違う部品を割当てられたのかと思いましたが、メーカーサイトで確認すると本体が黒には台座が金で、本体が金には台座が黒でした。

金に黒台座は有りかもしれませんが黒の本体に金の台座はちょっと個人的にアンバランスかなと思いました。

WSR-5400AX6ーMB

歴代バッファロー製のルーターを愛用していたので、設定そのものは、従来機と全く同じインターフェースでお馴染みのものが搭載されていたため、ルーターの設定も楽に終わりました。

我が家は電力会社系の光を利用しているので、設定でフレッツ以外のその他を選びます。

この機種にもスマートフォンやタブレットからでも初期設定出来るようになっているのはもちろんのこと、WPS機能の付いた元のルーターから設定を引き継ぐ機能があります。

私は元のSSIDを引き継がせたくなかったので、普通に設定をして使用しましたが、機械が苦手な方には、簡単な操作で設定を引き継げるので、便利な機能だと思います。

WSR-5400AX6-MBに変えたことで、ルーターへの接続台数が最大12台だった旧型から30台へと飛躍的に多くなり、家族全員で複数の無線LAN対応機器を使っても余裕が出て来るようになりました。プリンターの接続も複数機器からの印刷データを考慮して無線LANで繋いでいますが、接続台数が少なかった頃はUSB接続に戻そうかと思ったくらいだったので、余裕が出来て助かります。

私が今度のWSR-5400AX6-MBで1つだけ不満に思っている点が、光回線のモデムからのLAN接続が1Gbpsまでしか対応してないことです。

うちの利用している電力系光も今年から一部のエリアで10Gbpsの試験運用が始まりますし、近い将来を考えるとWi-Fi6対応モデルでin側が1GbpsだとWi-Fi6にする意味が無くなってしまうのではと思い、ちょっと疑問に思います

高価格帯のモデルなら有線出力側も10Gbps対応のLAN端子を必須が欲しいですが、今回購入したモデルのランクならせめてin側だけでも10Gbps対応のLAN端子にして欲しかったですね。

現状の光回線でWi-Fi6対応という事なら、こちらのWSR-5400AX6-MBで十分に使えるのでお勧めです。

この記事は上記アイコンからTwitterで紹介することも可能です。いいねボタンも更新モチベーションが上がりますのでこの記事が参考になった、面白かったと感じたらぜひよろしくお願いします。

« »