ジャンクパソコン | カスタムPCライフ

カスタムPCライフ

自分だけのオリジナルパソコンを持とう

Since2012.12.3

ジャンクパソコン

リサイクル PC Gテックのご紹介

パソコンを長くやっているとバージョンの古い旧型のWindowsPCが欲しくなったりする事例がまれにあると言う事を聞いたことがあります。動作プログラムがWindowsXP等の旧バージョンでしか動かないと言う理由からです。

WindowsXP以降で、当時の中古品やジャンク品を未だに取り扱っているショップを見つけたので、ご紹介します。

続きを読む…

ジャンクパソコンは当たり外れを覚悟して

ジャンクパソコンを何台か再生してみて、いくつかの再生品をカスタムPCライフで公表しましたが、その影で未だに公表できていない案件もあるのですが、購入したジャンクパソコンが全て再生出来ているわけではありません。

NECのVersaProなどは、同じ機種を2台購入し、1台は紹介してますが、もう1台は、キーボード交換を後回しにしているため、未だに完全な形での再生を行ってません。

続きを読む…

遊遊PCのご紹介

中古PCとジャンクPCを販売している業者で、ジャンクPCに関しては、上級者向けの分解知識が無いとゴミ扱いされてしまいそうなジャンクなので、ストレージを足せば普通に動くと言う初級の認識では、買うのをお勧めしません。

ショップ内で販売している同型モデルの中古パソコン側に交換部品を取って、壊れてる状態を集約したようなジャンクPCになっていますので、中古PCをスペックでチョイスして購入する方がおすすめのショップです。

続きを読む…

Office2019付き中古、安価で改造ベースな特価セール

5,980円と言う価格でWindows10PROでOffice2019が入ったモデルって、正直言ってこれってジャンクPCですよね?購入ユーザーのレビュー見ててもキーが6つ無いとか天板に傷とか普通に書いてあるし、PCの機種も当たり外れは当然あるし、修理や改造して遊ぶ練習のつもりで、お気軽に買うならお勧めかも知れませんが、分解する知識が無いと後悔してしまうので止めた方が賢明だと思います。

分解の知識が無い方は、9,980円からのオプションで価格が変わる上位の格安中古PCの方が安心かも知れません。ただ、メモリの増加などを指定しておかないと、とても動きの悪い中古という結果になりかねないので、多めの予算で少し性能を上げた方が無難だと思います。

続きを読む…

富士通LIFEBOOK MH30/Cのジャンク再生

今回のジャンク再生は、ストレージだけ抜き取られた状態の富士通LIFEBOOK MH30/Cをジャンクとして安く販売されていたので、数ヶ月前に購入していたのですが、購入当初に手持ちのSSD64GBを用いた時、何故かCloudReadyのSSDへのインストールが上手くいかずに放置してました。

MH30C背面とSSD

SSDの取付場所は裏面を分解もせずに両端の爪を開いた状態にしてからバッテリーを外すだけで右側にSSDを挿入するスロットが見えます。

MH30Cのバッテリーを外した所

ここにSSDを裏面側を上(本体の裏面側に裏面が来るように)にしておくのコネクタに差してネジ止めすれば簡単にセットアップできたので再生作業自体はすぐに終わりました。

向きを合わせスロットにSSDを差し込む

富士通からWindows7スターターという軽めのWindows OSとしてネットブックパソコンで利用されていたOSにWindows10を置き換えたら、Windows10HOMEでインストール出来るようなのでUSBのWindows10インストールディスクを作成しまた。

Windows10をクリーンインストールしてみた所、インストールは普通に出来ましたがWindowsの処理が非常に遅く、使う気が無くなってしまったので、再び放置となりました。

ライト使用後

ひとまずUSBメモリーをディスカウントで買った無名ブランドからELECOM製に変えてCloudReadyの起動USBを作成し直したところ、何故か今度は上手くインストール出来ましたので当初の予定通りにCloudReadyで起動しました。

CloudReadyの初期設定画面

Windows10やCloudReadyのUSBインストールについては別の機会にお伝えするとして、インストールまで完了しました。

実際、今回のモデルは、当時の仕様であるCPU ATOM N475やメモリー2GBはそのままなので、動作に難有りといった感じですが、OSをCloudReadyにしてからは、ネットサーフィン程度なら多少の遅いWindowsパソコンと同等以上に使えるしYouTubeも多少もっさり感はあるものの、ちょっと出先でWi-Fi利用して使う等には利用出来そうですね。

現代なら当時のネットブックポジションでは、ChromebookのIdeapad Duetが用途が増えて使い道ありそうですね。

CloudReadyとChromebook

少し前の話に遡るのですが、ネット上でChrome OSのインストール方法が公開されていたのですが、Chromebook購入するまで諦めていたので、ちょっと希望が出てチャレンジ精神全開で、必要なUSBメモリーやネットからインストール用のデータを用意してちょっとやってみようと早速実践してみました。

疑似体験するために自分でもChrome OSのオープンソース版Chromium OSを導入すべくCloudReadyを導入したという所までで止まっていたこともあり、本家のChrome OSが導入出来るなら、使いたいAndroidアプリがChromebook上で動くかの検証も出来るからです。

続きを読む…

富士通STYLISTIC Q702/Gのジャンク再生2

裏蓋を開けた内部

前回、裏蓋を開けた状態で水色で囲んだ部分には、mSATA SSDの取付を行います。メーカー純正の状態では64GBですが、今回は256GBのmSATA SSDを用意しています。今回、Microsoft365のOfficeアプリをインストールすることや画像加工にスタイラスペンを利用する方針の為です。

Windows10のupdateプログラム対応というのもあり、データの空き容量に余裕を持たせたかったためというのもありますし、費用対効果のバランスも視野に入れて256GBという容量に落ち着きました。

続きを読む…