中華系タブレットは大丈夫なのか? | カスタムPCライフ

カスタムPCライフ

自分だけのオリジナルパソコンを持とう

Since2012.12.3

中華系タブレットは大丈夫なのか?

中華系タブレットは大丈夫なのか?

Appleが高性能なタブレットiPadで日本市場の圧倒的なシェアを占めているので、Androidのタブレットは日本のパソコンメーカーで消極的になりつつありますが、3万以下で中華系の安価なタブレットは多数出回っています。

1万円台も多いのですが、安かろう悪かろうのごとく低性能CPUやメモリー2GBなど辛うじて動くようなスペックも少なくありません。それだけでなくプラスティックの多様で、コストを抑えている上に部品の耐久性にも疑問があり。よく壊れるというユーザーレビューも見かけます。

個々の同一型番商品が悪いと言うよりも同一メーカーの商品で同じ傾向が出やすいと言う事もレビュー結果で思うことがありますし。私も以前TECLASTというメーカーの格安タブレットを買ったことがありますが、SDカードスロットが初期不良で、問い合わせ先のメールに初期不良の内容を書いて交換もしくは返金の内容を送りましたが、無視されてしまったことがありました。

最近の商品レビューの評判や楽天市場でのランキングを見ていて、VANKYO S30なら、専用のフィルムやタブレットカバーなども作られているみたいなので、動作的にも軽いネットサーフィンやyoutube程度なら、問題なく動くのでお勧めしても大丈夫かなと思っています。

楽天ランキングで1位をとっていた製品だったので、楽天の紹介を載せてみましたが、いつものようにAmazonやヤフーショッピングからの購入も下記のリンクからどうぞ

この記事は上記アイコンからTwitterで紹介することも可能です。いいねボタンも更新モチベーションが上がりますのでこの記事が参考になった、面白かったと感じたらぜひよろしくお願いします。

« »