Windows365が8月2日からサービス開始 | カスタムPCライフ

カスタムPCライフ

自分だけのオリジナルパソコンを持とう

Since2012.12.3

Windows365が8月2日からサービス開始

Windows365が8月2日からサービス開始

現地時間7月14日にMicrosoftからWindows10及びWindows11(正式リリース後)をクラウド上で運用するサービスであるWindows365が8月2日からサービス開始すると発表報道が行われて、数日が経ちましたがサービスが原則企業向けで話題性が低かったみたいです。

個人で携わる事があるならば、Windows365を取り入れた企業で働くクライアントとして、iPadなどの端末を使って実際にWindowsを動かす人ぐらいでしょうね。

Windows365は、Microsoft365と同じくサブスクリプションサービスです。Microsoft365がMicrosoft OfficeのサブスクリプションとOneDriveの使用領域1TBなのに対して、Windows365はWindowsのサブスクリプションなのです。

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

Windows 365のシステムはクラウド上で動くいわゆるVDI(Virtual Desktop Infrastructure)と呼ばれる仮想デスクトップのサービスで、WEBブラウザで動くWindows10/11(リリース後より)です。

つまり、iPadやAndroid OS、MacやChromebookに至るまで、インターネットに繋いでブラウザでログインすれば、ブラウザ上で画面はWindowsとして動かすことが出来ると言うシステムです。

このWindows365を利用すれば、携帯性のあるタブレット端末でもWindowsにアクセスして業務を行う事が出来るので、中小企業でも少ない予算でシステムを運用することが出来るのでは無いでしょうか。

UPUやメモリ、ストレージはインターネット上のサーバー側で処理をするので、ブラウザ上での操作した内容をクラウド上のサーバーでストリーミング配信のように端末に映像を送るシステムですのでFHD画質で見るならFHDの動画を問題なく再生出来る環境が必要です。

実はこのシステム、何年も前にゲームのドラゴンクエストⅩオンライン3DS版で3DS自体でゲームを動かさず、クラウドサーバーで処理をして動画で受け取るという処理をしていました。

Windowsの新しいサービスで企業の環境が変化していくかも知れませんね。今後の動向に注目したいと思います。

この記事は上記アイコンからTwitterで紹介することも可能です。いいねボタンも更新モチベーションが上がりますのでこの記事が参考になった、面白かったと感じたらぜひよろしくお願いします。

サイバーリンク PhotoDirector

« »