logicool ワイヤレスキーボード K230の商品レビュー | カスタムPCライフ

カスタムPCライフ

自分だけのオリジナルパソコンを持とう

Since2012.12.3

logicool ワイヤレスキーボード K230の商品レビュー

logicool ワイヤレスキーボード K230の商品レビュー

Amazonプライムデー2021で購入した商品の感想第1弾として、先日、SSDに交換したマウスコンピューターのミニPC用にとりあえず使える価格だけで注文してしまったlogicool ワイヤレスキーボード K230の商品レビューをご紹介します。

ワイヤレスキーボードの箱

私が普段使っている同じlogicool製のキーボードは、一般的なキーボードの大きさになっていますが、上下左右移動用のキーやDellキーなどを隅っこの方に追いやって極力省スペース化したような設計になっています。

しかし、キーピッチがちょっと狭くディスクトップ用とは思えないキー配列で、狭いスペースしか確保出来ない人向けという感じがします。

それにファンクションキーのサイズが通常の文字キーよりかなり小さくて横に細いのでちょっと打ちにくかったです。ビジネス系でデータを早く入力するのは厳しいかも知れないですね。

左のカラーバーは3色から選べる

本体左側の蒼い部分は、青の他に赤と白のカラーバリエーションが同梱してあり、好みで色を変えられます。

一応、対応可能機器は、Windows7~10のVersionとChrome OSが使えるように書いてありますが、USB対応もしっかり添えられていますので、Switch用のキーボードとしても使えるのでは無いかと予想しています。

左端のカラーカバーから推測してもSwitchを意識した仕様としか思えないのですよね。

それに前述の通り、ビジネスでの使用は個人的には厳しいと思う内容なので遊び感覚で、テキスト入力しながらゲームする人ぐらいではないでしょうか。

我が家もファンクションキーを使う頻度が皆無のゲーミングパソコン用にしようと思います。

この記事は上記アイコンからTwitterで紹介することも可能です。いいねボタンも更新モチベーションが上がりますのでこの記事が参考になった、面白かったと感じたらぜひよろしくお願いします。

サイバーリンク PhotoDirector

« »