Windows10 Version20H2で不具合 | カスタムPCライフ

カスタムPCライフ

自分だけのオリジナルパソコンを持とう

Since2012.12.3

Windows10 Version20H2で不具合

Windows10 Version20H2で不具合

昨日、タブレットでITの記事が目に止まり、内容を確認するとWindows10の最新バージョン20H2において、chkdiskのプログラムを走らせるとシステムクラッシュを引き起こし、Windows XPの時代にはよく見ていたブルースクリーンが出ると言う不具合が発見されています。

出版社のPlanet 3DNow!において、7台のPCで同じ操作をして同じ結果になったと報じられていました。⒓月の定期更新を適用している環境(OSビルド:19042.685)で発生するとのことで確認してみました。

Windowsバージョン確認

※上記画像をクリックで大きな画像になります。

ちょうど該当するバージョンだったので、当面の間はチェックディスクを使わずに気をつけてやっていきたいと思います。

バージョンの確認方法は、Windowsボタン→設定→システム→詳細情報で上記のように出ます。

システムがクラッシュすると復旧もうまく出来ない人が出てきて設定サポートなどに頼る必要が出てくるからです。

Windows10 20H2 chkdiskでシステムクラッシュ

(出展:Planet 3DNow!

上記のようなシステムクラッシュのブルースクリーンを見ないで済むように注意していきましょう。

この記事は上記アイコンからTwitterで紹介することも可能です。いいねボタンも更新モチベーションが上がりますのでこの記事が参考になった、面白かったと感じたらぜひよろしくお願いします。

サイバーリンク PhotoDirector

« »